家電にかかる関税

家電にかかる関税では

ドイツに家電を持ち込むと

ドイツに入国する際、持ち込み荷物は税関でチェックを受けます。通常は、旅行荷物であれば関税はかかりません。これは、その荷物を出国の際持ってでるということが前提です。家族のお土産等にするためには、入国の際税関で書面による申告をする必要があります。家電製品を新品で持ち込む場合には関税がかかると考えたほうがいいです。ドイツ国内に持ち込んで使うという考え方で付加価値税もかかってきます。家電製品では、中古品であるとアピールして持ち込むこともひとつの方法です。かって、音楽家がバイオリンを没収されたケースもありますので、持ち込みには細心の注意と、通関で指摘を受けたときのために購入時の領収書を持っていくことをおすすめします。

ドイツ製家電に買い換える選択も

ドイツに憧れを抱く日本人ユーザーは少なくありません。実直で堅実な仕事ぶりが有名であり、日本メーカー以上に高品質な家電をリリースしている事でも知られています。自動車や文房具の一流メーカーが有名な国ですが、主婦を助ける色々な家電を製造するメーカーもドイツ国内にあります。自宅にありますアイロンや加湿器がそろそろ古くなって来た、と感じる方はあえて日本産以外の製品を選んでみるのもおすすめです。日本の加湿器やアイロンなどは多機能が進んでおり、バラエティ豊かな機能が付属したため重量が増えてしまったり、返って家事の効率が落ちる等の弊害が出てきています。

↑PAGE TOP